お家で簡単に手作りできる日焼け止め♪

低糖質,糖質制限,低糖質パン,ダイエット,プロテイン,おすすめ

   

こんにちは!
Healthy and… ヘルシーアンド
店長の山本です。

 

日ごとに「春」を感じるような、ポカポカとした暖かい日差しを感じることができる日が増えてきました。


「春」はポカポカと気持ちの良い反面、紫外線が降り注ぐので、紫外線対策をする必要があるのをご存知でしょうか?

 

【春の紫外線が強いといわれる理由】

太陽の位置は季節によって変化し、春には高い位置に移動し始めます。
実はこれこそ、春から紫外線が強くなる理由です。

高度が上がると太陽の位置が地上に近くなり、紫外線を吸収するオゾン層を通過する距離が短くなります。

これにより、春から多くの紫外線が降り注ぐようになるのです。

(ortho-corpより引用)

春から夏にかけて私たちに害を与える紫外線には、UV-AとUV-Bが挙げられます。
UV-Aは肌の奥深くにまで到達するため、たるみやシワなどの老化を引き起こします。

一方、UV-Bは肌表面の炎症を引き起こし、日焼けやシミの原因になります。

 

【UVA(紫外線A波)とは】

地表に届く全紫外線のうち約95%を占めます。
照射量が多く、浸透力が高いのヒアルロン酸などを作り出す繊維芽細胞に損傷を与えます。

その結果、メラニン色素の合成を増やし、シミが目立つ原因をつくります。

【UVB(紫外線B波)とは】

全紫外線の約5%を占めます。
おもに肌の表面で吸収されるため、肌の奥の真皮層まで達することはほとんどありませんが、細胞を損傷して火傷のように赤くなったり、シミやソバカスの原因にもなります。

 

それでは、日焼け止めについてご紹介させていただきます♪

市販の日焼け止めだと肌がかぶれてしまったり、痛くなったりと肌にあわない場合があるかもしれません・・・

市販の日焼け止めだと肌がかぶれてしまったり、痛くなったりと肌にあわない場合があるかもしれません・・・。
そこで、今回は天然成分を使用してオリジナルの日焼け止めを自分で作るやり方をシェアさせていただきます。

[材料]
ココナッツオイル35g
みつろう    15g

[作り方]
1.材料を耐熱容器に入れて、湯煎でみつろうを溶かします。
2.みつろうが溶けたら粗熱を取り、ゼリーや豆腐の型に流しいれます。
3.固まったら型から取り出して出来上がり。

(bijin.uranaieより引用)

※酸化亜鉛を加えるとUVA・UVBへの効果が期待できますが、金属アレルギーの方には不向きで、タイプや質、使用量などに気を付ける必要があります。

市販の日焼け止めと違い効果はゆるめですが、日傘や帽子とあわせて使用していただくことをオススメします。

ぜひ、おためしになってみてください♪

 
 

\ 目指せマイナス1.5kg /

【低糖質】ダイエットパン【プロプチ】
3日間集中ダイエットプラン

 
 

タグ: , , , , ,

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です