スマホ疲れの目をケアする方法♪

低糖質,糖質制限,低糖質パン,ダイエット,プロテイン,おすすめ

   

こんにちは!
Healthy and… ヘルシーアンド
店長の山本です。

現代人には欠かせない「スマホ(スマートフォン)」。
調べ物からゲームをしたり、YouTubeなどを鑑賞したり、私たちの生活において、スマホはなくてはならない身近な存在ではないでしょうか?

しかし、スマホは便利で携帯しやすい分、どうしても使いすぎてしまい、目を疲れさせてしまうことがあります。
スマホの光にはブルーライトが含まれており、近ごろではブルーライトカット機能やメガネなどのグッズで対策がとれるようになっています。

ブルーライトとは?

そもそも、ブルーライトとは光の色の1つに過ぎません。
光には波長があり、人の目で見ることができる可視光線と、見ることができない不可視光線に分かれます。
波長が短く目に見えない光を紫外線、波長が長い光を赤外線と言います。

そのなかのブルーライトは380~500nmと紫外線の次に波長が短いという特徴を持っています
波長が短いと、強いエネルギーを持つと言われ、人体への悪影響も心配されるほどの波長です。
(G-squareより引用)

ブルーライト、気にしていない方もまだ多くいるのではないでしょうか?

かくいう私も度の入っていないブルーライトカットメガネを購入したものの、つけたり外したりするのが面倒になり、今は何の対策もしていないので、かなり目が疲れている状況です。。。

そこで、今回は効果的に疲れた目をケアする方法をご紹介させていただきます。

 

1. 目をあたためる

夜、寝る前にホットタオル(※作り方は以下に記載させていただきます。)を目をつむった上に置くのも良いですし、ドラッグストアなどで販売されている市販品アイマスクなどを使われるのも良いと思います。

 

【ホットタオル作り方♪】

電子レンジを使う方法か、給湯器の温度を高くしてゴム手袋を使い、軽くしぼる方法のどちらかのやり方がおすすめです。

※給湯器の温度を上げる場合は、やけどに十分ご注意下さい。

水やぬるま湯から作る場合は、電子レンジを使用します。
【水の場合】
600Wで約1分半、1000Wで約1分
【ぬるま湯】
600Wで約40秒、1000Wで約30秒

 

※ポイント!※
あまり水を絞り過ぎると冷めやすくなるし、水びだしだと熱すぎたりします。軽く絞り、タオルを上下に振っても水が垂れないくらいの水加減が丁度良いと思います。

次に蒸しタオルを、ビニール袋に入れます。
その袋をおしぼりを巻くように丸めて、手で持っても熱すぎないか確認して下さい。
カイロ程度にほんわか温かいくらいがよいと思います。

 

目の上にティッシュを一枚のせ、その上にビニールに入った蒸しタオルをのせます。
あとは、10分ほどリラックス♪
(赤岩治療院サイトより引用)

 

目を温めることで目の周辺や深部の血行がよくなり、眼精疲労が軽減されますよ。
私は「めぐリズム 蒸気でホットアイマスク」を愛用していますが、とても気持ちがよく、リラックスできますので、オススメです♪

 

2. 目に良いとされる「ビタミンA・C・E」を含む食品を食べる

抗酸化作用があるビタミンを摂取しましょう!
骨の形成や成長には、カルシウムやその吸収を高めるビタミンDがよいとされているのと同じく、目にとってもよいと考えられている成分がいくつかあります。

 

ビタミンA
にんじん、ほうれん草、ニラ、春菊、小松菜、ピーマン、うなぎ

ビタミンC
レモン、ゆず、いちご、赤ピーマン、じゃがいもなど

 

ビタミンE
ヘーゼルナッツ、アーモンド、ごま、西洋カボチャ、たらこなど
(マイナビニュースより引用)

 

ビタミンACE群以外にも眼精疲労に効果があるとされるビタミンB群(ビタミンB1,B2,B6,B12)を含む肉や魚などを食事に取り入れることも大切です。

緑黄色野菜とフルーツなどを全部摂るのは難しいと思いますので、おやつ代わりにナッツ類を食べてビタミンを取り入れていただくと、無理なく目に良い生活ができると思いますよ♪

 

いかがでしたでしょうか?
カラダの外と中から効果的なケアをして、目の健康を維持なさってください♪

 
 

\ 目指せマイナス1.5kg /

【低糖質】ダイエットパン【プロプチ】
3日間集中ダイエットプラン

 
 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

美と健康を創る専門店 Healthy and… ヘルシーアンド
店長 山本 葉子
TEL.0800-222-7001
URL: https://healthyand.jp/

 

タグ: , , , , ,

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です